フロントフォーク、オーバーホール完了!!@他力本願(破)

表題の件について、要は前回からの続きです。

で、とにかくハズれない、なにをやってもハズれないネジを鉄とチカラのプロに託したわけで。

で、すると帰ってきた答え(結論)が、“押してダメなら引いてみな”改め“引いてダメだから押してみた”だった。

要は“もうネジあたまは舐めきって無理だろうから押し込めないかな?”的な作戦。

ざっくり説明するとこんな感じ。

タイトルが如く、まさにネジの頭を“破”したわけで。

・・・、

えぇ、うまいこと言ったと思ってます。

なわけで、見事なめたネジを外してくれたんでYO!

さすが肉体派!
Mr.ガテン!!

“俺に切れないものはない!”

で、おかげさまでなんとかオーバーホールできました!!

・・・、

ん?

まだ“破”だったかぁ・・・。
(・∀・;)

と、言うわけで、今日は作図に労を費やしたこととまだ“破”でもあるので、
今日はこのへんでアレさせていただきます・・・。

かず

フロントフォーク、オーバーホール完了!!@他力本願(序)

表題の件について、結論から言うとフロントフォークのオーバーホールが無事に完了した。

ただ、今回なめた六角については、結局素人の手ではどうにもならなかった。

まず、あらためてフロントフォークの構造を簡単に書くと、

と、なっている。

バラすとこんな感じ。

で、上記図の固定用ボルトでオイルロックとシリンダーを固定するんだけど、シリンダーとオイルロックについては

どこかに固定されているわけではないのでフリーの状態になっており、よって固定用ボルトもフリーになっているわけで。

なのでそのボルトを外すには特殊工具でシリンダーを固定しボルトを回すか、ボルトに一気にテンションをかけるインパクトレンチで回すかの二択が迫られる。

で、友人にインパクトレンチを借り、スキル・知識がないのにそれを使いひたすら締め続けた結果ヘキサゴンボルトをなめるという致命的な、取り返しのつかないミスを犯したのが前回までのあらすじ。

今なら彼の気持ちが痛いほどわかるわ・・・。

どこぞの塾の“シカクいアタマをマルくする”を実践してしまったよ・・・。

でも残念ながら俺には“未来へのチカラ”が見当たらないよ・・・、

ねぇ、日NO研・・・。

で、本題に戻して、とにかく、ここをなめてしまうとフロントフォークのオーバーホールはできない。

どげんかせんといかん。

とりあえず俺が行った対策。

それは、あらためてインパクトで開けてやろう、というものである。

で、思い切って買いました!

インパクトレンチ!!

ちなみに買ったのはこれ。

Amazonでインパクトレンチを見ると、色々な種類があり悩むところだったんだけど、一番人気だし値段もお手ごろだったからこれに決めた。

本来、使い勝手的には充電式の方が需要が高いのだろうけど、幸いうちは駐車場にコンセントがあるし、充電式だとパワーダウンするって話を聞いたことがあって
そもそも、“電動工具はとにかくパワー!”と言う(毎回それで惨事を招く)持論を持っている俺としては至極当然の選択になった。

で、使った感想。

パワーぱねぇ!

いや、パワーありすぎてバイクごときのボルトを締めるにはちょっと持て余すわw

ハリケーンミキサーくらいのパワーあるわwww
そりゃ1,000万パワーで締めりゃバイクの12くらいのボルトなんかちょっとはなめるわな・・・。

あぶなく今回トラブルの上乗せになるとこだった・・・。
orz

そんくらいのサイズなら100万パワーのベアークローで充分だった・・・。

or2=3

つか、“とにかくパワー”って、要はただの貧乏性で、“お金出すなら多い方が得”って、あさましい考えなんだよね・・・。

で、結果いつも“それはアレだろ・・・。”ってことになってしまうんだよね・・・。

とはいえ、このモノ自体は非常に良いものだと思う。
その理由として、まずインパクトなのに軽い!
< これは使い勝手及び取り回しがいい!! 次にパワー! 上記でそれをマイナスと評価したけど、それは締める際にはマイナス作用だけど、弛める際はこれ程心強いものはない! あわせて、締める際でもそれがバイクの12とかの小さいボルトに使っているから(そもそもそのサイズにインパクトがナンセンスかも?だけど)強すぎるわけで、
サイズの大きなタイヤ交換とかの作業であれば丁度いいのでは?と思う。

そもそも、インパクトで締めたとしても本来その後トルクレンチでトルク調整をするのがイジリの基本。
なので慣れるといいところまで締めて後はトルクレンチで、とすると、結構作業効率があがるかなぁ、と、今回作業をして思った。
実際慣れたしね。

このインパクトのマイナス点とすると一点、コードの短さかな。
前述で“外にコンセントが”と書いたけど、それを以てしても短すぎて延長コードが必要なほどの長さ。

逆に言うと延長コードがあれば問題ない、となるんだけどね。

となるんだけどね。

なんにしても、この値段でこの性能なら個人的には大満足かなぁ、と。

話を戻して、とにかくこのインパクトで問題のヘキサゴンに挑んだわけだけど、流石に“まんまる”になったボルトには太刀打ちできず、バッファローマンにもどうすることはできなかった・・・。

よって、いつもの頼り、鉄工所(いやほんとは重機のリース屋なんだけど)に持ち込み、“よろしく”と託したわけで。

そしたら・・・、流石プロだわ。

押してもダメなら引いてみな、的な発想を超越して、

あ?

押してダメ?


アホか!

押しが足りねぇんだよ!!

と、The powerworkの理屈で俺の悩みを解決してくれた!

彼曰く、“要はコレが外れればいいんだろ? なら、ネジの頭を切って押し込んでやるよ!!”と。

図や写真がないと意味が分からないかもしれないが、まずその写真を撮り忘れたことと、この長文を書いている過程で例によってそれなりに出来上がっており(もちろんOSAKEはーと)作図をするPowerが残っておらず・・・。

オラ・・・、人間なんだ・・・。

と、俺の好きなジェロニモのセリフを借りつつ、今日のブログを〆させていただきます。
(・∀・;)

かず

痛恨の一撃(三撃目改め惨劇目)・・・。

先日ブログで“三撃目を追って書きます”的なことを書きました。

その上で、今回“三撃目”から“惨劇目”に改めさせていただきました。

なぜ“惨劇目”に改めたか、

それは・・・、

“三撃目”がなんだったか忘れちゃいました・・・。
(・∀・;)

前述の通り一撃目を書いてるときお酒をたしなんでおりまして、
旬な言い方をするならちょっとした山口メンバー状態になっており記憶が曖昧でして・・・、

ただ、今まだそこにブログネタがあるなら僕はそこに書きたい・・・。

と、悪乗りはさておき失礼しました。

とりあえずビラーゴ250のフロントフォークオーバーホールの続報を書きます。

で、ドレンボルトの外れなくなったフロントフォークの状態。

思ったより重傷・・・。

潰れる! 流れる!! 溢れ出る!!!
漏れてるのはオイルなのに完全に仮面ライダーグリス状態・・・。

つか、漏れると言うよりもう“こぼれる”と言った方が正しいレベル・・・。

前回ボルトをなめた後、とりあえずで入れたフォークオイルは当然だけど新品で、
その直後は漏れがなく“おっ!新品オイルは粘度高くて意外とイケるかなっ!?”と期待したけどやっぱりダメだったね・・・。


と、言うわけでフロントフォークのオーバーホールは必須になり(まぁ中古購入という選択肢もあるけど)

さてどうするかとプランニングをする。



で、導き出した俺の答えは、ボルトの奥まで届く長めの六角ソケットと、噂に聞くフォークの中のシリンダーを固定する工具をゲットし、人力でコジ回す、という作戦だ。


色々不安要素はある、つか、不安しかないけど、今低コストで実行できる作戦はコレしかない。



と、言うわけで次回、その続報を書きます。

かずメンバー

痛恨の一撃(二撃目)・・・。

表題の件について、先日ブログで“ショッキングなことがあり続報を”的なことを書いたわけなんだけど、

実はそのショッキングなことの後に更にまたショッキングなことがあったわけで・・・。

時系列から行くと前述なショッキングなことの方が先なんだけど、
今回の出来事が自分の中であまりにショッキングだったため、
今回の出来事を先に書くとことに・・・。


要するに、今回ブログが“二撃目”のタイトルなんだけど実際にいは三回目のショッキングな出来事で、
後日書くタイトル“三撃目”が続報で2回目のショッキングな出来事なわけで・・・、


ダメだ・・・、


グダグダで要すれてない・・・。
orz


まぁ、ともあれ聞いてください・・・。


先日、行きつけのバイク用品店ナップスにて砂利の上でもサイドスタンドでバイクを停められるアタッチメントを買ったんですよ!
まぁ、アタッチメントというと大袈裟に聞こえるけど、要はサイドスタンドの下に置くプレートだね、こんな具合に。

↓↓

KiWAV オートバイ・バイク用 サイドスタンド キックスタンド プレート パッド エンド Yamahaヤマハ Honda 本田 Suzuki鈴木 Kawasaki川崎 など 用 ブラック

新品価格
¥854から
(2018/4/23 17:14時点)





形もちょうどこれと同じ(ロゴなし)なんだけど、ナップスでは500円で売ってたね。

まぁネットは届けてくれるからその点で高いのかな?


とにかく、これを買ってさ、つーのも先週末に駐輪場が土で柔らかいところに出掛ける用事が出来たわけで、

まぁ500円ならそんなでもないし試しに買ってみるか、と。



で、内容が内容だけに、“ぶっつけ本番”というわけにもいかなかったため、小用で出掛けた砂利駐輪場で試しに使ったわけよ。




で、試した結果・・・、


具合はいい!


正直、このくらいの大きさのプレートでバイクの沈み込みに耐えられるのか、

また、そもそもこのプラスチックのプレートでバイクの比重に耐えられるのか

(俺のビラーゴ250は乾燥重量でも約140kg。まぁ中型としては軽いほうか)、

この2点が気になるところだったけど、なかなかどうして、健気に耐えているじゃないか。


なかなか良い買い物をしたな、

と、ここまでは良かった。

ここまでは良い1日だった・・・。


結論から言います・・・。



プレート置いてきた・・・。


orz


いや、厳密には忘れた・・・。


そもそも、そんなもの使ったことないじゃんね。

なもんで帰るときはプレートのことなんかすっかり忘れてまぁニコニコしながら帰りましたよ・・・。

んで、家に帰って何の気なしに財布のレシート見て“あぁ、そんなの買ったなぁ”、と、思ったときに思い出しましたよ・・・



それを試しに使っていたことを・・・。



いやね、金額にしたら500円だから、損失に対してはイヤだけどまだ許容範囲なんです。



問題は、“開封したその日に落とした”という、しかも完全に自分のせい、“オチド100%”なとこなんです!



オチド100%なのに隠し切れないこの醜態・・・。





まぁ本家アキラ100%も失敗もあったもんね!


失敗は成功の母!!



と、思いながら、今日の宵と酔いが深まっていきます・・・。

orz


かず

痛恨の一撃・・・。

先日、新しく家族の一員になったビラーゴ250のフロントフォークのオーバーホールをした。

いや、厳密にはしたかった・・・。

と、言うのも、フロントフォークのオーバーホールをする際に、フロントフォーク底部にアウターチューブとシリンダーを接続している?いや、フォークオイルのドレンなのかな?
まぁなんにしても六角のボルトがあり、そのボルトはシリンダー側からの固定されていない押さえで止まっているため
普通に回しても空転して外しきれないしまう構造になってるんだよね。
イメージは、ナンバープレートを止めるネジがフォークの底部についている感じ。


そのネジを外すためには、いわゆるインパクトレンチで“バチっ!!”っと一発喰らわせてやるのが一番手っ取り早いんだけど、残念ながら我が家にそんな高級品はない。


よって、心強い友のひとり、車屋のNI氏さんのお力をお借りし、作業場及び工具協賛のもと作業に取り掛かることにした。


万全!



の、はずだったんだけど、一点致命的なモノが足りなかったっ!!






銭形「それは、あなたのスキルです。」



そう、俺はインパクトという高級品には縁がなく、当然使ったことなんかなかったわけで、言わばエヴァに初めて遭遇するシンジ君の如く激しく戸惑った。

俺「無理だよそんなの・・・。 見た事も聞いた事もないのに出来る訳ないよっ!!」

と、怯えた表情でNI氏さんの様子をうかがった、が、当然、



NI氏さん「やるのなら早くしろ。でなければ帰れ!!」



との返答。

いや、そんなことは言ってなかったんだけど、バファリン以上の優しさを兼ねそろえている彼に声をかければ、
仕事中だろうが間違いなく手伝ってくれるのはわかったていたので逆に声がかけられず、すると必然、このセリフが出てくるわけで・・・。



俺「逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ!

やります 僕がやります!」


冬月「NI氏、本当にこれでいいんだな?」←誰だよ

勿論良くありませんでした。

つか、そもそもなにが良くないって、エヴァネタに行くと戻ってこれないのでそれが一番良くなかった・・・。

とにかく、NI氏さんは忙しそうなので使ったことはなかったけどとりあえず自分でチャレンジすることにした。



なにしろ、問題のボルトにインパクトをセット。


あとは、目標をセンターに入れてスイッチ・・・、目標をセンターに入れてスイッチ・・・、目標をセンターに入れてすいch

第参話 回らない、ネジ

いやいやいや、前述の通り、俺はインパクトなんか使ったことがないわけで、スイッチが“正転が上側にぎり、逆転が下側にぎり”となってるなんか知らないし・・・。(全部のインパクトがそうではないようですが)

そう、俺は“とりあえずスイッチは押しとけタイプ”な為、そこにあったスイッチを深く考えずに押してしまったわけで・・・、



しかも何度も、何度も、何度も・・・。
orz

結果、外すべくネジをガッツンガッツンガッツンガッツン締め上げてしまったわけで・・・、



いや、それだけならよかったんだけど、その外しにくいネジさんが俺のインパクトを通じてある挙動をしているのがわかる・・・、



それは・・・、



空転・・・。
orz

つうこんのいちげき!

この瞬間オワタ・・・。

六角のナットがなめちまった・・・。



マジか・・・。



おいおい、なめんなよ・・・。

いや、なめてんのは俺だった・・・・・・。
orz

あわせて、今日は程よく酔っぱらってい待ったのでこのくらいで勘弁して下さい・・・、

と、思ったら追い打ちをかけるようショッキングなことが・・・。

なにしろ、追って追報を致します・・・。

かず

表題の件について、遅ればせながら新入生、新社会人の皆さん、
新たなる門出へのお踏み出しおめでとうございます!

新天地では新たなる発見に、驚きや戸惑いが溢れていることでしょう。

しかし、それについては、実は受け入れる側も同じで、むしろ毎年この時期が来るもので、
毎年この時期は答えのない正解を探し出す日々が続いています。

なので皆さん、“自分だけ・・・”とか、“自分だから・・・”とかあまり気にし過ぎず、
“そうか!みんなそうなのか!!”と楽観的に考えたり、
“いや、人は人、自分は自分!”と周りの目をあまり気にせず、まずは自分の道を進んでみてください。

人生に正解はないと思います。
しかし結論はあります。

逆に言うと“結論=正解”なのです。

これから、色々な結論を求めなければならない事がたくさんあなたの前に立ちはだかると思います。

でも、どんな形でも、それを乗り越えたところが“結論”であり“正解”なのです。


それを心の隅においていただき、是非“輝く自分”を見つけてください。

皆様のご活躍、陰ながら、心より応援させていただきます。
 秘密の宝物(あいなからの応援歌)



続・最強の臭い消しスプレー! ミョウバン水!! 作り方編

表題の件について、今日は酔っぱらう前に書けそうなので手作りミョウバンスプレーについて書いてみる。

つか、PC(Windows10)を立ち上げる度にトラブルがあって、そのトラブルシューティングに追われ

ブログが出来あがる前にこっちが出来あがってしまっている今日この頃だったわけで。

話を戻して、ミョウバン水は購入すればすぐ使えるが、ちょっと時間はかかるけど自分で作ることもできる。

準備と手順は以下の通り。

準備
・焼きミョウバンをGETする
  ※スーパー等の乾物コーナーで100円程度で売っている。本来は漬物作り等で使うらしい。
   なので身体にも優しいらしい。あわせて左記事情により、犬等の臭い消しにも持ってこいみたい。

・空スプレーをGETする。
  ※100円均一等で売ってるよね。

・水道水の確保。
  ※水であればいいんだけど、水道水には塩素が入っていて防腐作用があるので浄水より好ましい。

手順
・空スプレーに、水15:焼きミョウバン1を入れる。
 ※一例を平たく言うと、水150ml、焼きミョウバン10gだね。
  使う量によってそれを増やす。

・とにかくシャッフル。焼きミョウバンを溶かす。
 ※意外と溶けずらく、ここが手作りのちょっと愛おしくも煩わしいところ。

・3日くらい冷所で放置。
 ※白濁から透明になれば完成。冷所保管については長持ちするから。ちなみに完成後も保管は冷所推奨。

・完成

使い方については、臭いが気になるところにスプレーし、拭かずに乾かすだけ。

諸々準備さえすれば安上がりでゲットできる、ドラクエで言えば“いなずまのけん”にあたる最安最強の武器。

念のため、“いや、それでも作るの面倒くさい!”という人のために商売を含め売っているところの紹介。

デオアルム ミョウバン水 500ml

価格:753円
(2018/4/16 21:30時点)
感想(2件)

なんにしても、人間にも動物にも使えるミョウバン水!
是非試してがってn(略)

かず

 

最強の臭い消しスプレー! ミョウバン水!!

表題の件について、いやいや、ヤバイ!!

恥ずかしながら、自分もいい歳になり、なんとなく気になり始めてきた臭い。

まぁ単刀直入に言うと体臭で、特に俺は足の臭いがきになった。

で、気になったのが表題の件のミョウバン水。

酔っぱらって今日はこれ以上かけないので要点だけ言うと、

臭い消しとしては最強!(個人的意見です)

焼きミョウバンをスーパー等で買ってくれば自分でも作れる。
但し、完成までに3日程度かかる & そんなに使わないから作りすぎても保管に困る。

ちなみにネットでも買えるから作るのが面倒ならそれでもいいかも。

なんにしても、 臭いが気になりだしたらぜひ試してみて!!

デオアルム ミョウバン水 500ml

価格:753円
(2018/4/16 21:30時点)
感想(2件)

かず

おぉ! ネジザウルスすげぇえぇぇ~!!

表題の件について、数年前から目を付けていた工具、ネジザウルスをとうとう購入した。

ネジザウルスとは、平たく言うとペンチなんだけど、細かく言うとただのペンチではない。

これは、錆びたネジやなめてドライバーでは回らなくなったネジを無理やりコジ回すという、

古びたバイクをレストアする者たちの希望の光である。



仕組みについては、ネジを挟む部分が湾曲し、そもそもネジの頭が挟みやすいようになっている。

そして、その先端がギザギザでちょっとした牙のようになっており、その牙に捕らえられたネジは更に固定され滑りずらくなる。

その牙をガッチリ効かせたあとは、力と精神を集中させ獲物を回す、というものである。



この挟み込みというか食らいつきがザウルスのザウルスたるゆえんで、その最たるやあの凶暴竜イビルジョーをも彷彿とさせる風体。


そして実践。

相手はビラーゴ250オーナーほぼ全員の敵、後先考えず設定されたアースのネジだ。



このネジがなぜ我々ビラーゴオーナーの敵なのかというと、ビラーゴ250は“レギュレーターのパンク”が多くみられる。

平たく言うと電気系のトラブルで、これが故障すると整流と電圧制御がおかしくなり、その全電球が破裂したうえバイクが

動かなくなってしまうのである。

その要因としては、基本的にレギュレーターの性能が低いことが言われており、更にアース配線が細すぎるため

レギュレーターが過電圧になりパンクしてしまう考えられている。

対策としては、レギュレーターの交換や、アース配線の太さアップが取られている。

そのアースの配線がこれで、それを止めているネジがその問題のネジである。

で、このネジが敵と言われるゆえんなんだけど、とにかく錆びやすい、そのうえ、なぜか非常に薄いベースの鉄板についており、

テンションをかけて回そうとするとベースがひん曲がってしまい、結果力がかけれずじまいで普通のドライバーでは9割方なめてしまう。

なんていうか、買った家のドアが引き戸なのに取っ手が付いておらず、その上油まみれになりやすい構造だから滑って開けられない、みたいな感じである。

話を戻して、いざ出陣。


ちなみに、以前ドライバーでチャレンジしたけど、その際は上記理由によりあえなく撃沈。

して今回は・・・、


おっ!?


食いつきはいい!!



力の加減がわからず一回“ズルッ”とネジの頭を滑らせてしまったものの、


くわえ込む力が半端ない!!

(注:他意はない)

これならイケる!!!

(注:他意はない)

と、確信した瞬間



イッたっ!?

(注:他意はない)


いや、回った!!!

そして取れた!!!!!



ネジザウルスすげぇえぇぇ~!!


いやいやさすが凶暴竜!

敵に回すと恐ろしいが、味方となればこれほど心強いことはない!!

ネジザウルス、いろいろ種類があるみたいだけど、とりあえずはこの“GT”がサイズ感等含め一般的なものみたいだね。

なにしろ良い買い物をした!!

これは自分のように古いバイクや車を自身で整備する人にはお勧めの一品!!

ただ、タッピングネジやドリルネジなど、ゆるみ防止加工などがされているネジには有効性は低くなるみたい。

で、ちなみにお値段は定価2,800円と普通のペンチによりは割高になんだけど、

下記サイトではOEM製品なのかな? なにしろ1,800円前後で売ってるみたいでかなり安く買えるかも。

しかも黒でちょっとカッコいいかも。

トラスコ中山 ネジザウルスGTブラック 






量販店でもだいたい2,000円くらいでは買えると思う。


ちなみに、俺はネットで安く買えること知らずに2,000円くらいで買ってしまった・・・。

orz

まぁ贔屓にしている店だったからそれはそれでいいんだけどね。



なにしろ、D・I・Y好きなら、持っていて間違いのない一品!

超おすすめ!!!

かず

さよならバトルホッパー! 思い出をありがとう!!

表題の件について、長年苦楽を共に過ごした(と、言っても2年半くらいだけど)俺の相棒、
名機バトルホッパー(CBX125カスタムカスタム)と、昨日別々の道を進むことを決心した。

つか、売った。

と、言うのも、バトルホッパーに息子を乗せ、やれ公園だ、やれ動物園だといろいろ行くうちに、
下道だけでは物足りなくなり、H30.2中旬に高速道路を走れるレーザーともパートナーを組むことに決めた。

つか、買った。

ちなみにレーザーはビラーゴ250S(またしても半不動)ね。

で、俺的には用途の違う2台は別物で、当初1台も手放す予定はなかったのだけど、
うちのポッピーピポパポ(一向に目が青くならない)に

“ウサギ小屋に2台はピプペポペナルティ! 退場!!”

の容赦ない判定を言い渡され、抵抗はしたものの生身の人間がバグスターに勝てるわけなくやむなく指示に従うことになった。

書きたいことはいろいろあるけど、とにかく一言。

楽しい思い出をありがとう!
あたらしいオーナーとも、沢山の思い出を作ってください!!

かず