【ひさびさの】おぉ! シュシュクレール最高!!(( *´艸`))【ドッグカフェ】

表題の件について、うちのちび助(人間の方ね)が生まれてからはじめてかなぁ? 2回目?
まぁなにしろそのくらいの勢いで行ってなかったドッグカフェに、かみさんの誕生日を祝いに突撃してみた。

うちはオーナーがラーメン好きのため昼の外食は基本的にラーメンしか行かず、
ちなみに“オーナー”は当然俺なんだけどさ、

更にラーメンも“どっ豚骨♥”の看板を掲げたかなりの豚骨っぷりの、だけど胸焼けしないの大和市の名店ゆうちゃんラーメンか
(年を取り家系は胸焼けしすぎて食えなかった俺だが、ゆうちゃんは胸焼けせずにスープまで飲み干せた)、
“ちょドロ”の銘を打った“超ドロドロつけ麺”のあびすけ東山田店のローテーションになっており
(“あびすけ”は“つけ麺は邪道”の俺の考えを見事にぶった切ってくれた)
(まぁゆうちゃんにせよあびすけにせよ、どちらも“俺調べ”ね)、
まぁなにしろ俺の好みですわ。
(つか、家族も上記二店は相当好きなんだけどね)

ただ、今年はあいな(わんこね)の誕生日もろくにやってやれず、かみさんにも特に誕生日プレゼントを用意することが出来なかったので、
なにかいつもと違うシチュエーションをプレゼントしたく、双方をクリアできるドッグカフェに行こう!となったわけです。

で、いろいろ調べてお伺いしたのが表題の“シュシュクレール”さん。
選んだ理由は、家から近いうえに駐車場の割引サービスがあること、
開店時間が10:30と他店より早めにやっているというところ(うちは普通の家庭より時間がたつのが2時間くらい早いので・・・)、
また、このお店はトリミングもやっており、更に有料ではあるものの、安価でわんこの送迎までやってくれるとのことでそれを詳しく聞いてみたくチョイスさせていただきました。

で、その開店時間を少し過ぎたあたりで突撃!
(外観撮り忘れた・・・。)
なにしろひさびさのドッグカフェなので内心超ドキドキw

ここだけの話、ドッグカフェってお店によっては“一見さんお断り!”まではいかないけど
常連でないと行きづらい雰囲気があるところがよくあり、そういうお店って正直居づらかったりするわけで・・・。

なのではじめていくところはいつも“ここはどうかなぁ?”とドキドキしてしまうわけで・・・。

いろいろ考えながら店内を見渡すと、非常にきれいでなんかいい雰囲気!
そこにお店の方が声をかけてくれて、一番奥の良い席にエスコートしてくれた。

印象は、“ん! 非常に品がよく優しそう!!”だった!」
(結果、ほんとにそんな感じで気持ちがよく、更にいろいろな気遣いもしてもらってドッグカフェうんぬんでなく
“飲食店”として俺の中でトップクラスに躍り出ることになった(俺調べ))

で、トリミングスペースもちょっとチェックさせてもらった。

うん!広くてきれい!

これは良い予感!!

店内をいろいろ物色させていただき着席。
で、店員さんよりメニューを見せてもらう。

と、そろそろ酔いが回ってブロぐれない感じになってきたのでまた近日中に更新します・・・。
(´∀`*)ウフフ

かず

続・トランプ大統領の外交活動の政治手腕

表題の件について、結論から言うと・・・、

全く駄目だ・・・。

なに?
アジアを周って結論が“金正恩と友達になりたい”・・・、だとっ!?

この人は何を言っているんでしょうか?

いや、もともとそういっていたのならいいんだけど、あんだけ言っておいてそれはなんだ!?と。

俺個人は外交は強硬ではなく柔和だと思っている。
でも、最も大切なのはぶれないことであって、いわゆる信念が大事なわけで。

俺の予想では、北朝鮮はトランプさんの強弁に正直困っていたと思う。
で、考え方はそれぞれだが、“相手が困る”=“外交的に優勢”だと思う。

なのに、なぜ今柔和を打ち出すか!

トランプさんは待つことができない人なんだね。
せめて今回の外交に対して北朝鮮が発言をした後に何かしらの発言をするべきで、
かつ、北朝鮮の言ってほしくないことをあえて言うべきであって・・・。

話はちょっと脱線するけど、俺は日本の報道しか見てないから他国のことはよくわからないけど(前にも書いたかな?)、
北朝鮮に軍事参謀といか外交参謀っていうのはいらないと思う。

なぜなら、北朝鮮がなにかことを起こした際に、日本の報道で“いろいろな北朝鮮の可能性”を専門家が考察してしまうからだ。

おそらく北朝鮮はその報道を見て、

“あ!そんなやり方があるのかw”

とか、

“あぁ、相手はこんな風に思ってるんだなw”

と、そこではじめて理解することが絶対多いと思う。

要は、日本の報道が北朝鮮の参謀になっちゃってるんだと思う。

 

まぁ北朝鮮のことだけではないんだけど、日本の報道は不安をあおることと模倣犯を育てること、
そして外交手段を海外に発信している負の遺産が多すぎると思う。

 

で、話を戻して、トランプさんはなにしろ人の意見に左右されやすすぎるのだと思う。
それが生き抜くチカラなのかもしれないけど、俺の上司であったら絶対にイヤだと俺は思う。

 

とはいえ、日本の外交は愚の骨頂でいろいろへたくそすぎるよね。

オバマ大統領が来たときに、オバマさんがあえてオフの際に“シンゾー”と呼んだことに
気持ちが高揚しすぎてオフィシャルなときに安倍さんが“バラク”と言っちゃったりとか。

ダメよぉ、ダメダメ!(もう今は昔ですね)

 

とにかく、外交がその国の未来を左右するわけなので、各国の外交参謀は本気でやっていただきたい。

もっというと、外交で本当に必要なのは各国のトップがお互いに“腹を探る”のではなく“腹を割る”ことなのだと思う。

助けてほしいときは助けてほしい!と、助ける余裕があるときは余裕がある!と。

人が生きていくに必要なのは結局助け合う精神なんだと思う。
それは国が変わろうが絶対に必要なんだと思う。

前回ブログと一緒の結ぶになるが、世界の人々が食うに困ることない時代が来ることを切に願っています。

 

かず

トランプ大統領の外交活動の政治手腕

今回(H29.11.10現在)、日本から始まったトランプさんのアジア外交

あれ?ロシアも行く予定だからアジア外交ではないのか?まぁいいや。

とにかく、そのトランプさんの外交力についてちょっと考えてみた。

結論から言うと、“トランプさんは運がいい!”だ。

まぁこれは外交に限らず、選挙も含め全般的に言える。
そして、運がいい人は結局その座に就く気がする、良くも悪くも。

どっかの国の与党と似ているよね?
政権交代したと思ったら未曽有の大震災が来て当時の与党が対応しきれず潰れてしまったり
(まぁあのときの“与党”十分問題があったし結果は何とも言えないけど)、
今回の選挙でぼろ負けかと思ったら本命(個人的には大嫌いですが)が失言により失速し、
結果大勝したり、と、なんやかんやで変な追い風が吹くよね、いつも。

まぁそれは置いておいて、今回、トランプさんが運がいいなぁ、と思った理由はただ一つ、

それは、

深く考えずやっていた(要は気持ち先行の)Twitterが功を奏したことと、
ビジネスマンとして功績を残したやり方を、本来政治では向かないにもかかわらずやっていたことだ。

具体的にはこうだ。

人間は年を取ると頭が固くなり、かつ怒りっぽくなる。
なので(そもそもプライドの高いトランプさんは)北朝鮮にちょっと小馬鹿にされると面白いようにツイッターで反論してしまう。
その挑発と反論の応酬の結果、北朝鮮の軍事力が高まる。
よって近隣諸国のうち、同盟国は軍事装備を上げなければいけない。
それをトランプさんが売り込む。
結果、アメリカの収益が上がる。

という構造。

これ、トランプさんが計算したわけではなく、結果こうなっただけだと俺は思う。
あの人ここまで計算できないよ。

だけど一つ言えるのは、もともとのビジネスマンとしての営業方法がきっと、

“あえて先に強気な発言を間接的に伝えておいて(自分が強い立場を利用し)、
直接会った際は相手を称えることを言い相手を緩ませる。

相手が“なんだ思ったほど悪い奴じゃなさそうだな”と思ったときに自分の要望を伝える。

相手は、“また強気になられたらかなわん”と思い要望を呑む、もしくは“その程度ならいいや”
と思わせて要望を呑ませる、そのどちらかではないのかなぁ、と。

要は、交渉ごとに必要な押し引きがうまくできている。

はじめに(会ってもいないのに)ハードルを上げておいて、実際に対峙した際は妙に飛びやすい雰囲気を見せる。

そのことにより、相手がその気になりハードルを飛び越えられるよう相手の気持ちをコントロールし、結果全て自分の要望を通す。

トランプさんは、ひょっとしたら何も考えず、天性でそれをやっているのかもしれない。

なにしろ、“それを計算ずくだ”とか、“もしかしたらこう考えているのかもしれない”とかの深読みで“トランプ”という名前が独り歩きしているだけなんだって!!

なにしろ、これからあるトランプ対プーチンの対話が楽しみだね。

プーチンは本物の策士。

天然対天才。

どちらが勝つのでしょうか?

ちなみに、俺が日本の総理大臣たとしたら、まず北朝鮮と対話し、北朝鮮の繁栄を約束したうえで経済協力する。
そして、北朝鮮を北朝鮮国民に無血開城させる。

まぁ今となっては遅すぎるので不可能だろうけど。

北朝鮮は、産業では今から外貨を稼ぐのは難しい。
でも、豊かな台地がある。

それを、日本の古き良き時代を思い出させるアミューズメントを作り日本の外貨を稼ぐ。

並行して、日本の農業力の高さを利用し、寒い国でも育つ野菜等を作り、オリジナルブランドを立ち上げる。

が、今は核実験しちゃってるから土壌汚染で厳しいかなぁ・・・。

俺は、北朝鮮は潜在力があると思っていたので本当に今回の出来事はもったいないと思う。

なにしろ、日本が世界をよくするためにうまく立ち回っていくことと、北朝鮮国民が立ち上がって
“本当の良い国”を目指さないと、これからもっと大変なことになると思う。

酔っぱらっているせいで結べないが、とにかく誰も

“食うに困る”

ない世の中を目指したいですね。

かず

心の底から腹立たしい事件

「首つり簡単」とロフト物件=逮捕の男、やりとりの女性に-アパート9遺体・警視庁
 神奈川県座間市のアパートで男女9人の遺体が見つかった事件で、白石隆浩容疑者(27)=死体遺棄容疑……….
[アメーバニュース]
https://news.ameba.jp/entry/20171107-125

この事件が発覚してから、“もう”と言うべきか“まだ”と言うべきか、なにしろ約1週間が経過した。

俺は特別正義感が強いわけではないが、この事件は本当に許せない。

俺は、東日本大震災を受け、それまでとものの考え方が変わった。
基本的なことは変わってないかもしれないけど、“生き物の命”について、それまで以上に尊いものだ、と実感するようになった。

もちろん、東日本大震災だけではなく、いわゆる天災で沢山の命が失われていく。
その命のほとんどがついさっきまで“生きる”つもりでいた命だ。

それがあの一瞬で、沢山失われてしまった。

俺がN’s Arkを立ち上げた理由の一つがまさにそれで、“失くさなくてよい命を一つでも多く残す”という思いがある。

東日本大震災以降、日本人の防災意識が底上げされ、地震の際に危険なエリアは何となくわかっている人が多いと思う。
そのなかで俺が気になったのは“木造住宅密集地”だ。

木造住宅密集地には古くからそこに住んでいる人が多く、コミュニティーが出来上がっている。
故に住人の高齢化も進んでおり、高齢故当然引っ越すこともできない。

だからそのエリアの高齢者情報を集め、体の不自由な人などの避難の手助けなどをしたい、
と、思ってはじめたのがN’s Arkだ。

その中で今回の事件が起きた。

生き物の命は、本来他社の身勝手で奪われたり創られたりするものではない。

でも、生き物が生きていく以上、やむなく生き物の命を奪わなければならない。
生き物は穀物も食えば肉食う。
まさにお互い命がけで生きている。
そして日本では、その命を食する際に、その命に対し感謝を込め“(その命を)いただきます”という言葉を発する。

命というのはそのくらい尊いということ。

決して、今回の事件のように自信の快楽のために人の命を奪うようなことがあってはならない。

今回の犯人は絶対いに許せない。

ただ、同時に、自分の命を簡単に粗末にするようなことも絶対にあってはならない。
今回の事件については、犯人に騙され自脱願望がないのに命を奪われた方もいるが、
中には“死にたい”と、あえて言うが軽々しく口にしていた人もいるとのことだ。

近年、テレビや漫画で“死”や“自殺”に対し簡単に、かつきれいに書いている作品が多く、
それに対する若者のあこがれや、もっと言うと崇拝まで起こっているような気がする。

要するに、“死”に対する実感がなさすぎるのだと思う。

不倫をした“ほのかりん”がなにかのオーディションを受け入賞した際のインタビューで誇らしげに、
“一時は本気で自殺しようと思った”
のような趣旨の話をしていたけど、俺は思う。

まず、正直不倫なんかどうでもいい。
でも、傷ついたから死ぬとか、それは違うだろ!と。
そして、俺はほのかりんっていう人をどんな人かは全く知らないけど、でも、テレビに出るくらい有名な人なんでしょ?
その人の発言力がどのくらい強いか、考えて言葉を発してほしい!

現在の報道は、犯人を捕まえるまでは衝撃的に発信する。
人によってはそれを“かっこいい”と思う人もいる。

だけど、実際刑務所に入った生活のみじめなこと、出所した後の生活の大変さ、
自殺をした後の身内の大変さや自分の亡骸の悲惨さなどは全く分からずじまいでしょ!!と。

長くなってしまったが、命は人に奪われるものでも、自分で無くすものでもない。

使い切るものだ。

もちろん、“死にたい”と思うことは、生きていればいくらでもある。

だけど、上記のように、生きたくても生きれなかった命があり、生かされている自分たちには、
生きれなかった伊人たちの分まで生きる義務があることを、
そして生きる権利があることを、絶対に忘れないでほしい。

自分が今生きている理由を、明日わかるために、絶対に命をあきらめないでください。

かず