フロントフォーク、オーバーホール完了!!@他力本願(破)

表題の件について、要は前回からの続きです。

で、とにかくハズれない、なにをやってもハズれないネジを鉄とチカラのプロに託したわけで。

で、すると帰ってきた答え(結論)が、“押してダメなら引いてみな”改め“引いてダメだから押してみた”だった。

要は“もうネジあたまは舐めきって無理だろうから押し込めないかな?”的な作戦。

ざっくり説明するとこんな感じ。

タイトルが如く、まさにネジの頭を“破”したわけで。

・・・、

えぇ、うまいこと言ったと思ってます。

なわけで、見事なめたネジを外してくれたんでYO!

さすが肉体派!
Mr.ガテン!!

“俺に切れないものはない!”

で、おかげさまでなんとかオーバーホールできました!!

・・・、

ん?

まだ“破”だったかぁ・・・。
(・∀・;)

と、言うわけで、今日は作図に労を費やしたこととまだ“破”でもあるので、
今日はこのへんでアレさせていただきます・・・。

かず

フロントフォーク、オーバーホール完了!!@他力本願(序)

表題の件について、結論から言うとフロントフォークのオーバーホールが無事に完了した。

ただ、今回なめた六角については、結局素人の手ではどうにもならなかった。

まず、あらためてフロントフォークの構造を簡単に書くと、

と、なっている。

バラすとこんな感じ。

で、上記図の固定用ボルトでオイルロックとシリンダーを固定するんだけど、シリンダーとオイルロックについては

どこかに固定されているわけではないのでフリーの状態になっており、よって固定用ボルトもフリーになっているわけで。

なのでそのボルトを外すには特殊工具でシリンダーを固定しボルトを回すか、ボルトに一気にテンションをかけるインパクトレンチで回すかの二択が迫られる。

で、友人にインパクトレンチを借り、スキル・知識がないのにそれを使いひたすら締め続けた結果ヘキサゴンボルトをなめるという致命的な、取り返しのつかないミスを犯したのが前回までのあらすじ。

今なら彼の気持ちが痛いほどわかるわ・・・。

どこぞの塾の“シカクいアタマをマルくする”を実践してしまったよ・・・。

でも残念ながら俺には“未来へのチカラ”が見当たらないよ・・・、

ねぇ、日NO研・・・。

で、本題に戻して、とにかく、ここをなめてしまうとフロントフォークのオーバーホールはできない。

どげんかせんといかん。

とりあえず俺が行った対策。

それは、あらためてインパクトで開けてやろう、というものである。

で、思い切って買いました!

インパクトレンチ!!

ちなみに買ったのはこれ。

Amazonでインパクトレンチを見ると、色々な種類があり悩むところだったんだけど、一番人気だし値段もお手ごろだったからこれに決めた。

本来、使い勝手的には充電式の方が需要が高いのだろうけど、幸いうちは駐車場にコンセントがあるし、充電式だとパワーダウンするって話を聞いたことがあって
そもそも、“電動工具はとにかくパワー!”と言う(毎回それで惨事を招く)持論を持っている俺としては至極当然の選択になった。

で、使った感想。

パワーぱねぇ!

いや、パワーありすぎてバイクごときのボルトを締めるにはちょっと持て余すわw

ハリケーンミキサーくらいのパワーあるわwww
そりゃ1,000万パワーで締めりゃバイクの12くらいのボルトなんかちょっとはなめるわな・・・。

あぶなく今回トラブルの上乗せになるとこだった・・・。
orz

そんくらいのサイズなら100万パワーのベアークローで充分だった・・・。

or2=3

つか、“とにかくパワー”って、要はただの貧乏性で、“お金出すなら多い方が得”って、あさましい考えなんだよね・・・。

で、結果いつも“それはアレだろ・・・。”ってことになってしまうんだよね・・・。

とはいえ、このモノ自体は非常に良いものだと思う。
その理由として、まずインパクトなのに軽い!
< これは使い勝手及び取り回しがいい!! 次にパワー! 上記でそれをマイナスと評価したけど、それは締める際にはマイナス作用だけど、弛める際はこれ程心強いものはない! あわせて、締める際でもそれがバイクの12とかの小さいボルトに使っているから(そもそもそのサイズにインパクトがナンセンスかも?だけど)強すぎるわけで、
サイズの大きなタイヤ交換とかの作業であれば丁度いいのでは?と思う。

そもそも、インパクトで締めたとしても本来その後トルクレンチでトルク調整をするのがイジリの基本。
なので慣れるといいところまで締めて後はトルクレンチで、とすると、結構作業効率があがるかなぁ、と、今回作業をして思った。
実際慣れたしね。

このインパクトのマイナス点とすると一点、コードの短さかな。
前述で“外にコンセントが”と書いたけど、それを以てしても短すぎて延長コードが必要なほどの長さ。

逆に言うと延長コードがあれば問題ない、となるんだけどね。

となるんだけどね。

なんにしても、この値段でこの性能なら個人的には大満足かなぁ、と。

話を戻して、とにかくこのインパクトで問題のヘキサゴンに挑んだわけだけど、流石に“まんまる”になったボルトには太刀打ちできず、バッファローマンにもどうすることはできなかった・・・。

よって、いつもの頼り、鉄工所(いやほんとは重機のリース屋なんだけど)に持ち込み、“よろしく”と託したわけで。

そしたら・・・、流石プロだわ。

押してもダメなら引いてみな、的な発想を超越して、

あ?

押してダメ?


アホか!

押しが足りねぇんだよ!!

と、The powerworkの理屈で俺の悩みを解決してくれた!

彼曰く、“要はコレが外れればいいんだろ? なら、ネジの頭を切って押し込んでやるよ!!”と。

図や写真がないと意味が分からないかもしれないが、まずその写真を撮り忘れたことと、この長文を書いている過程で例によってそれなりに出来上がっており(もちろんOSAKEはーと)作図をするPowerが残っておらず・・・。

オラ・・・、人間なんだ・・・。

と、俺の好きなジェロニモのセリフを借りつつ、今日のブログを〆させていただきます。
(・∀・;)

かず

痛恨の一撃(三撃目改め惨劇目)・・・。

先日ブログで“三撃目を追って書きます”的なことを書きました。

その上で、今回“三撃目”から“惨劇目”に改めさせていただきました。

なぜ“惨劇目”に改めたか、

それは・・・、

“三撃目”がなんだったか忘れちゃいました・・・。
(・∀・;)

前述の通り一撃目を書いてるときお酒をたしなんでおりまして、
旬な言い方をするならちょっとした山口メンバー状態になっており記憶が曖昧でして・・・、

ただ、今まだそこにブログネタがあるなら僕はそこに書きたい・・・。

と、悪乗りはさておき失礼しました。

とりあえずビラーゴ250のフロントフォークオーバーホールの続報を書きます。

で、ドレンボルトの外れなくなったフロントフォークの状態。

思ったより重傷・・・。

潰れる! 流れる!! 溢れ出る!!!
漏れてるのはオイルなのに完全に仮面ライダーグリス状態・・・。

つか、漏れると言うよりもう“こぼれる”と言った方が正しいレベル・・・。

前回ボルトをなめた後、とりあえずで入れたフォークオイルは当然だけど新品で、
その直後は漏れがなく“おっ!新品オイルは粘度高くて意外とイケるかなっ!?”と期待したけどやっぱりダメだったね・・・。


と、言うわけでフロントフォークのオーバーホールは必須になり(まぁ中古購入という選択肢もあるけど)

さてどうするかとプランニングをする。



で、導き出した俺の答えは、ボルトの奥まで届く長めの六角ソケットと、噂に聞くフォークの中のシリンダーを固定する工具をゲットし、人力でコジ回す、という作戦だ。


色々不安要素はある、つか、不安しかないけど、今低コストで実行できる作戦はコレしかない。



と、言うわけで次回、その続報を書きます。

かずメンバー

痛恨の一撃・・・。

先日、新しく家族の一員になったビラーゴ250のフロントフォークのオーバーホールをした。

いや、厳密にはしたかった・・・。

と、言うのも、フロントフォークのオーバーホールをする際に、フロントフォーク底部にアウターチューブとシリンダーを接続している?いや、フォークオイルのドレンなのかな?
まぁなんにしても六角のボルトがあり、そのボルトはシリンダー側からの固定されていない押さえで止まっているため
普通に回しても空転して外しきれないしまう構造になってるんだよね。
イメージは、ナンバープレートを止めるネジがフォークの底部についている感じ。


そのネジを外すためには、いわゆるインパクトレンチで“バチっ!!”っと一発喰らわせてやるのが一番手っ取り早いんだけど、残念ながら我が家にそんな高級品はない。


よって、心強い友のひとり、車屋のNI氏さんのお力をお借りし、作業場及び工具協賛のもと作業に取り掛かることにした。


万全!



の、はずだったんだけど、一点致命的なモノが足りなかったっ!!






銭形「それは、あなたのスキルです。」



そう、俺はインパクトという高級品には縁がなく、当然使ったことなんかなかったわけで、言わばエヴァに初めて遭遇するシンジ君の如く激しく戸惑った。

俺「無理だよそんなの・・・。 見た事も聞いた事もないのに出来る訳ないよっ!!」

と、怯えた表情でNI氏さんの様子をうかがった、が、当然、



NI氏さん「やるのなら早くしろ。でなければ帰れ!!」



との返答。

いや、そんなことは言ってなかったんだけど、バファリン以上の優しさを兼ねそろえている彼に声をかければ、
仕事中だろうが間違いなく手伝ってくれるのはわかったていたので逆に声がかけられず、すると必然、このセリフが出てくるわけで・・・。



俺「逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ!

やります 僕がやります!」


冬月「NI氏、本当にこれでいいんだな?」←誰だよ

勿論良くありませんでした。

つか、そもそもなにが良くないって、エヴァネタに行くと戻ってこれないのでそれが一番良くなかった・・・。

とにかく、NI氏さんは忙しそうなので使ったことはなかったけどとりあえず自分でチャレンジすることにした。



なにしろ、問題のボルトにインパクトをセット。


あとは、目標をセンターに入れてスイッチ・・・、目標をセンターに入れてスイッチ・・・、目標をセンターに入れてすいch

第参話 回らない、ネジ

いやいやいや、前述の通り、俺はインパクトなんか使ったことがないわけで、スイッチが“正転が上側にぎり、逆転が下側にぎり”となってるなんか知らないし・・・。(全部のインパクトがそうではないようですが)

そう、俺は“とりあえずスイッチは押しとけタイプ”な為、そこにあったスイッチを深く考えずに押してしまったわけで・・・、



しかも何度も、何度も、何度も・・・。
orz

結果、外すべくネジをガッツンガッツンガッツンガッツン締め上げてしまったわけで・・・、



いや、それだけならよかったんだけど、その外しにくいネジさんが俺のインパクトを通じてある挙動をしているのがわかる・・・、



それは・・・、



空転・・・。
orz

つうこんのいちげき!

この瞬間オワタ・・・。

六角のナットがなめちまった・・・。



マジか・・・。



おいおい、なめんなよ・・・。

いや、なめてんのは俺だった・・・・・・。
orz

あわせて、今日は程よく酔っぱらってい待ったのでこのくらいで勘弁して下さい・・・、

と、思ったら追い打ちをかけるようショッキングなことが・・・。

なにしろ、追って追報を致します・・・。

かず